FC2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
"JOJO RABBIT" 2019年 監督:Taika Waititi、主演:Roman Griffin Davis、Thomasin McKenzie、Scarlett Johansson、Taika Waititi、
 先月、高校教師をしている友人と談笑中、サン・フランスィスコ市内で行われた映画撮影のエキストラとして出演したと言う体験談が出た。彼の友人からの誘いで戦争映画の日本人兵士としてのその他多勢としての参加だったそうだが、その中に興味深い発言があった。
 「アッ、これは考えていてはダメなんだ」と思った瞬間があったと言う。どんな場面だったかと言うと、兵士軍団が行進する場面で、整列した全員が司令官の意のまま、彼の命令通りに前後左右に動かなければならないものだった。彼は、兵士の基礎訓練が行われる初期入隊訓練、通称ブート・キャンプ (Boot Camp>> 海兵隊「ブートキャンプ」、新兵の24時間 Aug. 25, 2019 (Business Insider)) を経ずして、リブート (Reboot = 再起動)状態に到達してしまったようだ。
 この話が興味深いのは、第一次世界大戦時に初めてサブマシンガン|短機関銃に遭遇したイギリス兵士の体験談をドキュメンタリー番組で見ていたからだ。既に96−7歳に達していたインタヴューイーは、司令官も兵士達もドイツ軍が率先して使用した短機関銃が何であるかを理解していなかったと話していた。
 短機関銃から降り注ぐ銃弾の中を、躊躇なく命令通りに進行する若き兵士たちは、恐怖を感じる事が無かったのか?とインタヴューアーから質問された数少ない生き残りの老人は、隊列を組んで進む仲間の兵士たちがバタバタと倒れる中、なんの恐怖も感じる事なく前進したと語っていた。
 そんな半ロボット状意識の「リブート」状態で日々を送ることの危険性を示唆しているのが、「ジョジョ・ラビット」とも言えるだろう。
 現在映画館で上映中の戦争映画には、第一次世界大戦を描いた「1917」と今日紹介する "JOJO RABBIT" がある:対照的な作りの「1917」はまだ観ていないが、喜劇仕立ての"JOJO RABBIT" は移動中の機内で観ることになった。 日本語公式サイト>> ジョジョ・ラビット

 ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイヴィス)は10歳の幼い少年で、監督タイカ・ワイティティ演じる架空の存在「ヒットラー」との関係を支えに、当時の青少年兵師団ヒットラー・ユーゲントの兵士になるべく日々努力している。「ラビット」は、ユーゲントの訓練中、ウサギを殺す命令を遂行できなかった彼の優しさを嘲るためにつけられたあだ名だ。そんな息子の姿をスカーレット・ヨハンセン演じる母親、ローズィーが優しく見つめる日常が続いていた。
 絞首刑に処されたドイツ市民が吊るされたままの 街中の光景を黙って見つめる母親の姿を横から見上げるジョジョ。ユーゲントの訓練中、「ラビット」の汚名を晴らそうとしたのか、彼にしては過激な行動に出て怪我をしてしまうジョジョ。そして他の少年たちとは異なる活動に従事する事を余儀無くされたジョジョが家で過ごす時間が増えた頃、母親と暮らす家の屋根裏の一角に匿われている年上の少女を発見する。この辺りから、ジョジョの世界が大きく変化し始める。
 大好きな母と暮らす家に、彼が知らない間に匿われていたユダヤ人少女、エルサ(トーマスィン・マッケンズィー)の存在は、単純にヒットラーユーゲントの勇猛な兵士になる事を理想としていたジョジョの中に、微かな???感を湧き起こす。架空のヒットラーとのジョジョの関係も大きく変化し始める頃、彼の愛する母との世界も彼の愛する母国ドイツも "Point of No Return | 復帰不能点" に到達する。
 戦後75年が経過した今、世界は戦前に酷似した状況になっていると言われている。ドイツの大学で教鞭をとっていた友人は、戦後ドイツの学校教育では、偏向した愛国/国粋主義が蔓延らないようにと、古典教育が抑えられたと語っていたが、残念ながら、そのドイツも含めて、現況は狭量な「愛国、多様性排除」が世界的に蔓延しつつある。
 「ジョジョ・ラビット」は、コメディー調だが、近視眼的に世界を見ることに対する警鐘となっていると思う。お薦めの作品だ。

(3:40) Uploaded by SearchlightPictures on Oct 21, 2019:




スポンサーサイト



テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

5金スペシャル映画特集 映画が描く「絶望」の質が変わってきているのはなぜか 2019.11.30. (videonewscom)
5金スペシャル映画特集 映画が描く「絶望」の質が変わってきているのはなぜか 2019.11.30. (videonewscom)


なぜ今、善悪やこの世の終わりとの

向き合い方が変わってきているのか


(1:05:50) Published on Nov 30, 2019 by videonewscom:



番組名:マル激トーク・オン・ディマンド 第973回(2019年11月30日)

 月の5回目の金曜日に特別企画を無料放送でお送りする5金スペシャル。今年最後の5金となる今回は、マル激の5金では定番となった映画特集をお送りする。

 今回とりあげた映画は宮台真司が選んだ「解放区」「よこがお」「ジョーカー」「アナイアレイション」の4作品。

 「解放区」は新進気鋭の太田信吾監督による初の長編劇映画で、半人前のドキュメンタリー作家がさしたる計画もないままいきなり大阪・西成のドヤ街に飛び込んで取材を始めた結果、そこに巣くう数々の闇に引き込まれていく様を描いた衝撃作品。大阪市からの助成金の返還を余儀なくされたことでも話題となった。

 「よこがお」は「淵に立つ」「海を駆ける」の深田晃司監督による社会の不条理ぶりを問う作品で、訪問看護婦の主人公が理不尽な理由から自分の人生が破滅へと追い込まれていく様が描かれている。

 「ジョーカー」はこれまでハングオーバーシリーズなど娯楽作品を手掛けてきたトッド・フィリップス監督による話題作で日本でも広く劇場公開されているが、ホアキン・フェニックス演じる寂しい中年男が、本来は悪人ではないにもかかわらず偶然の出来事をきっかけに悪のカリスマへと変貌していく。その様は、善人と悪人を分かつ線が非常に脆弱であると同時に、実は単なる偶然の産物に過ぎないことを痛感させる。




[5金スペシャル映画特集 映画が描く「絶望」の質が変わってきているのはなぜか 2019.11.30. (videonewscom)]の続きを読む

テーマ:文明・文化&思想 - ジャンル:学問・文化・芸術

「グリーンブック」 "Green Book" - 監督:ピーター・ファレリー、主演:ヴィーゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ他
予告編:(2:50) Published on Aug 14, 2018 by FilmSelect Trailer:




2度の助演男優賞受賞、マハーシャラ・アリという生き方 2019.3.3. (Rolling Stone 日本版) と見出しのついた日本版「ローリング・ストーン」では、アリの紹介を次のようにしている:

『第91回アカデミー賞で、映画『グリーンブック』のマハーシャラ・アリは、昨年の『ムーンライト』に次ぐ、2度目の助演男優賞を受賞した。ハリウッドで約20年の苦労の末、主役になるためにすべてを賭けた、その半生を追う。

ロサンゼルスの丘の上にあるグリフィス天文台の駐車場を歩きながら「俺はいいバランスを取ろうとしているだけなんだ」と俳優であり夫であり父であり新作映画『グリーンブック』のスターでもあるマハーシャラ・アリは言った。「自分の選択に責任を持って意義のある仕事をしたいんだ。もらえる仕事をしっかりとこなす。それから家族だ。妻と子供の望みを満たすための努力をする。そして、ちゃんと自分の時間を取ることも忘れないこと! 俺は昔から少し1人でいることを好むところがあって。でも、1つ1つがいい状態にあるとその全てがさらにうまくいく、というのが俺の持論。すべてがより良くなるような、お互いを満たす魔法みたい時が来ると思っているんだ。俺ももうすこしでそこに到達できると思っているよ。」と彼は続けた。』

イスラム教徒を迫害するような政権首脳の発言 4月6日のイスラエル関連の集会で、大統領はイスラム教徒である女性議員を揶揄する発言を繰り返した)の中、自分がイスラム教徒である事を公にする気骨ある俳優でもある。

「スミソニアン」の2016年の記事によると、"Green Book"はアフリカ系アメリカ人が人種分離政策下で「ジム・クロウ法 "Jim Crow Laws"」が幅を利かしていた時代に安全に車の旅ができるように、ホテルやレストランなどのビジネスを掲載した実在の小冊子だ。特に何をしていなくても、田舎の町や村で難癖をつけられて殺害されたり、罪を着せられたりなどのケースは今でも起き得るし、「合法的に」多発しているのは司法執行の現場だ。



[「グリーンブック」 "Green Book" - 監督:ピーター・ファレリー、主演:ヴィーゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ他]の続きを読む

テーマ:最近観た映画 - ジャンル:映画

2014年ドイツ映画 "Phoenix" 邦題 「あの日のように抱きしめて」、原作:ユベール・モンテイエの「帰らざる肉体」
3月5日深夜、日テレで放映されていたクリスティアン・ペツォールト監督の2014年制作映画、原題: "Phoenix" 邦題:「あの日のように抱きしめて」を偶然見る事になったのだが、最初は邦題に???で「ながら」で見るにしてもどうかな?!と言う反応だった。

が、ヘザー・モリスの "The Tattooist of Auschwitz" を読了したばかりだったので、直ぐに何を題材にした映画なのかが分かり、最後まで見る事になった。モリスの「小説」は事実に基づいた作品だ:アウシュヴィッツの強制収容所で次々と送り込まれるユダヤ人に番号を刺青する刺青師として働きながら生き残ったユダヤ人男性と彼が刺青する事になったユダヤ人女性の出会い、恋愛から、オーストラリアで終わる戦後の人生を描き出した作品で、一種希望が持てる物語だ。

ユベール・モンティエの1961年の小説 "Le Retour des cendres" を基にした2014年制作のドイツ映画 "Phoenix" 邦題 「あの日のように抱きしめて」は、同じ生き残りを懸けた物語だが、人の心の深層をさらに探る作品で落ち込みそうな深刻さに満ちていた。この世で一番怖いのは「ヒト」といつも思うのだが、それを裏付けるような「ヒト」の心の動きがたくさん出て来る。

映画紹介の短文は>>「1945年6月、ベルリン。第二次大戦でのドイツ降伏の翌月、元歌手でユダヤ人のネリーは、顔に大怪我を負いながらも強制収容所から奇跡的に生還。〈ユダヤ機関〉で働く友人レネの助けのもと、顔の再建手術を受ける。医師からは全く別の顔にすることを薦められるが、ピアニストだった最愛の夫ジョニーを見つけ出し、過去を取り戻したい彼女は、元の顔に戻すことに固執するのだった。そして、顔の傷が癒える頃、ついにジョニーと再会したネリー。しかし、容貌の変わった彼女に夫は全く気付かない。そのうえ、“収容所で亡くなった妻になりすまし、遺産を山分けしよう”と話を持ちかけ、自分のアパートに連れて行くジョニー。「夫は本当に自分を愛していたのか、それともナチスに寝返り、妻を裏切ったのか―。」そんな想いに突き動かされ、提案を受け入れて、自分自身の偽物になるネリーだったが…。」

友人の弁護士であるレネは将来に希望が持てないとして自ら命を絶ってしまう。ネリーは、だが、真実を見極めるために、強制収容所から戻った後、彼女の周りに集まる元夫ジョニーを含む人々の流れの中に入る。。。真の意味で怖い映画だが、お勧めしたい作品だ。ネリーの強さは希望だから。


(2:15) Published on Feb 2, 2016 by YouTube Movies:

あの日のように抱きしめて(予告編)




テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

池井戸潤原作、映画: 「七つの会議」 監督:福澤克雄、主演:野村萬斎
映画『マスカレード・ホテル』公式サイトと同じで、話の筋を書いてしまっては面白くなくなってしまう。

映画『空飛ぶタイヤ』公式サイトと同じく、一人一人が考え動き出す時に変化が起きる痛快社会派エンターテインメント映画

映画「七つの会議」公式サイト


一人の力は小さくても、一人一人が覚醒し動き出せば、変革を起こせる可能性は大きくなる。会社は藩、社員は
だが、それで本当に良いのだろうか?

」とは『1)貴人・長上のそば近くにいて命令を待つ。はべる。さぶらう。』『2)貴人のそば近くつかえる人。さぶらい。さむらい。』と定義されている。上にいる人間にとっては都合の良い存在だが、この人生、「悪い」上層部の言いなりに悪事に手を染めて小さな出世を求める?だけで良いのだろうか。

原作者の池井戸潤氏が寄せている一文には、「拙著『七つの会議』は、東京建電という中堅企業を舞台にしたサスペンスです。
果たして彼らが何を考え、何を隠し、何を暴くのかー。そこに勤める者、取り引きのある関係者たちの視点を通して、とある秘密が次第にその輪郭を現していくオムニバス形式エンターテインメントーと説明してもピンとこないでしょう。ただ、物語の都合で、これ以上は語れません。どうかご一読をお願い申し上げます。

映画『七つの会議』は、この錯雑な設定を実にうまく換骨奪胎し、福澤克雄監督ならではのテイストにまとめ上げられています。主演の野村萬斎さんの大胆で気韻溢れる演技をはじめ、超豪華出演陣の演技合戦は見所満載です。本来であればシリアスになりがちな題材ですが、及川光博さんと朝倉あきさんの凸凹コンビが挑む設定は仄かなおかしみと興趣に溢れ、探偵小説的な味わいをも楽しむことができるでしょう。なにはともあれー乞う、ご静鑑。」




テーマ:日本映画 - ジャンル:映画