FC2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
地震に注意!〜今日の新規アップ記事(435):2020年07月15日 ー トップ) 7/15 「Go to キャンペーン」は「強盗キャンペーン」?! & 1) 拉致問題は現在進行形の問題 - 安倍首相は拉致問題を自分が解決できないことを認めて交代すべきだ
日本人特別と思う人いるが海外では

日本人はアジア人の一つです。



「多少の感染者が出ることは想定内」!?!


「Go to キャンペーン」は「強盗キャンペーン」

中央での政治家で「今の時期行うべきでない」と発言している政治家はいるのか?!


小池都政が「コロナ感染予測文書を破棄」


地方移住、いずれ新常態に?!

(9.11後、NYC外へ移住する人々が急増した。このパンデミックの衝撃は同じような現象を引き起こしている。)



下の2件は当分このままトップに置きます:

窓口できちんと対応してもらえなかった、と

いう方へ


10代女性向けの緊急ステイ先を都内で確保

Colabo - LINEして下さい。




 日本国憲法前文:そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 
 Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people, the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people.


 

憲法改正への政治ゲーム:駆けつけ警護

自衛隊員の犠牲も厭わず、何とか

して自衛隊に銃を撃たせたい人たち


(9:30) ダイジェスト版



 




今日の新規アップ記事:

2020.07.15.
記事は7時以降の

アップです。



ご訪問ありがとうございます。アップする記事の数が多いので、要点付きの目次をトップに置く事にします。この目次から、あるいはテンプレートの左側の最新記事コラムから記事本体に行けますので、よろしく!!



「真の文明は山を荒らさず,

川を荒らさず、村を破らず、

人を殺さざるなり」

「少しでも、人のいのちに、

害ありて、少しくらいは、

よいと云ふなよ」


        田中正造



「宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこの世界全体が幸せになることを、賢治さんは願っていたはずです。またそう考えなければ、この地球という星を守ることはできないところにまで私たちは追い詰められてしまったと思います。」ー小出裕章




B)今日の新規アップ記事:2020年07月15日:

0)ボルネオ (Borneo) の自然 (17)

 2010.5.25.: ボルネオの熱帯雨林の中にある宿泊施設では、夜行性の動物観察のための夜間サファリがある。一番の目玉は、大きな目玉が目立つメガネザル。モモンガのような動物もいるが、樹高のある樹の上の方にいるため、撮影はほとんど不可能。
 5月下旬の夜間サファリは徒歩:この夜観察できたのは、ニシメガネザル (Western Tarsier) 、学名:(Tarsius bancanus) 。独特の臭いが周辺に充満しており、その臭いを感知した後は、居場所を突き止めるために静かに探す。



1)横田滋さんの死で蓮池透さんが語った危機感!「家族会、救う会の“日本会議”化に抗する最後の砦だったのに」 2020.6.11. (Lite-ra)

拉致問題は現在進行形の問題

安倍首相は拉致問題を自分が解決でき

ないことを認めて交代すべきだ


 横田さんは、拉致問題解決に一向に道筋が見えない状況と安倍首相、「救う会」の政治利用に何を思っていたのか。



2)今日の新規アップ記事(434)2020年07月02日〜08日:07/08 - トップ>>自民党が仕掛ける憲法解釈の地滑り>>「基本的人権は法律に反しない限りの自由」とか言っちゃってますが、それだと法律さえ作れば人権を制限できます。米国との通商交渉なんかで散々やられてる事を、国民に向けてやってら

7/8 トップ - “森友の守護神”が次官:政権

を擁護し続けた“功績”を安倍政権は

忘れず。

①財務次官に太田主計局長内定。

安倍さんを擁護した官僚は出世する

「いくらなんでも、いくらなんでも」の

おじさん





C)今日の新規アップ記事:2020年07月14日:

0)朝ごはん | ブランチ(105):マグロの漬けの茶漬け丼

 2019.1.12.: 漬けにしておいたスペインの養殖マグロの中トロを軽く炙り、小ネギをたくさん載せて茶漬け丼に。「丼」ではなく、スープ皿使用だけど。。



1)「医療逼迫していない」は嘘だった!「病院も軽症者用ホテルも逼迫」と都職員が証言 なのに安倍政権はGoToキャンペーン前倒し強行 2020.7.10. (Lite-ra)

「医療提供体制は逼迫した状況では

ない」はまったくのデタラメ
 

<<「Go To キャンペーン」を

7月22日から開始の異常


経済を回す方法は地域の中で知恵を出す

べき:
「リスクが高い場所から低い場所に

人が確実に動く」「地域外から人が来ることを

推進すれば、確実に発生する。。。



産経でも「「GoTo」観光、政権の賭け 

経済重視は感染増と隣り合わせ。。。」



米国社会の変化:名称変更>レッドスキンズ


現職2期目最強説があるが、鹿児島県知事選

は自公推薦の現職三反園氏の落選



俺たち(私たち)の忘れる事のない一つの原点

があの頃にある
と感じているすべての人

それぞれの、今日もまた仕事の捗りますよう

に。ありがとう




[地震に注意!〜今日の新規アップ記事(435):2020年07月15日 ー トップ) 7/15 「Go to キャンペーン」は「強盗キャンペーン」?! & 1) 拉致問題は現在進行形の問題 - 安倍首相は拉致問題を自分が解決できないことを認めて交代すべきだ]の続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

横田滋さんの死で蓮池透さんが語った危機感!「家族会、救う会の“日本会議”化に抗する最後の砦だったのに」 2020.6.11. (Lite-ra)
横田滋さんの死で蓮池透さんが語った危機感!「家族会、救う会の“日本会議”化に抗する最後の砦だったのに」 2020.6.11. (Lite-ra)


拉致問題は現在進行形の問題

安倍首相は拉致問題を自分が解決できない

ことを認めて交代すべきだ

 横田滋氏が亡くなったことで、マスコミは久しぶりに拉致問題を取り上げている。しかし、その論調はエモーショナルで表面的なものばかりだ。

 本サイトでは、安倍首相が近年、拉致問題をないがしろにし、横田夫妻についても冷淡な姿勢を見せていたこと、そして拉致問題極右運動に利用しようという「救う会」(「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会」)の姿勢が拉致問題の交渉を阻み、横田さんたちを苦しめてきたことを再三、指摘したが、そうした実態を伝える報道は皆無だった。

 横田さんは、拉致問題解決に一向に道筋が見えない状況と安倍首相、「救う会」政治利用に何を思っていたのか。

 当初、拉致被害者の蓮池薫さんの兄として「家族会」(「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」)事務局長を務めていたものの、ある時期から「家族会」と距離をおき、いまは安倍首相や「救う会」を批判している蓮池透さんに、横田さんへの思いと拉致問題の現状や今後について話を聞いた。

──横田滋さんが亡くなられて、いまは率直にどういう思いですか。




[横田滋さんの死で蓮池透さんが語った危機感!「家族会、救う会の“日本会議”化に抗する最後の砦だったのに」 2020.6.11. (Lite-ra)]の続きを読む

テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

地震に注意!〜今日の新規アップ記事(435):2020年07月14日 ー トップ) 7/14 米国社会の変化:名称変更<<レッドスキンズ & 1) 「医療提供体制は逼迫した状況ではない」はまったくのデタラメ <<「Go To キャンペーン」を7月22日から開始の異常
経済を回す方法は地域の中で知恵を出す

べき:
「リスクが高い場所から低い場所に

人が確実に動く」「地域外から人が来ることを

推進すれば、確実に発生する。。。



産経でも「「GoTo」観光、政権の賭け 

経済重視は感染増と隣り合わせ。。。」



米国社会の変化:名称変更>レッドスキンズ


現職2期目最強説があるが、鹿児島県知事選

は自公推薦の現職三反園氏の落選



俺たち(私たち)の忘れる事のない一つの原点

があの頃にある
と感じているすべての人

それぞれの、今日もまた仕事の捗りますよう

に。ありがとう





下の2件は当分このままトップに置きます:

窓口できちんと対応してもらえなかった、と

いう方へ


10代女性向けの緊急ステイ先を都内で確保

Colabo - LINEして下さい。




 日本国憲法前文:そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
 
 Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people, the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people.


 

憲法改正への政治ゲーム:駆けつけ警護

自衛隊員の犠牲も厭わず、何とか

して自衛隊に銃を撃たせたい人たち


(9:30) ダイジェスト版



 




今日の新規アップ記事:

2020.07.14.
記事は7時以降の

アップです。



ご訪問ありがとうございます。アップする記事の数が多いので、要点付きの目次をトップに置く事にします。この目次から、あるいはテンプレートの左側の最新記事コラムから記事本体に行けますので、よろしく!!



「真の文明は山を荒らさず,

川を荒らさず、村を破らず、

人を殺さざるなり」

「少しでも、人のいのちに、

害ありて、少しくらいは、

よいと云ふなよ」


        田中正造



「宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこの世界全体が幸せになることを、賢治さんは願っていたはずです。またそう考えなければ、この地球という星を守ることはできないところにまで私たちは追い詰められてしまったと思います。」ー小出裕章




B)今日の新規アップ記事:2020年07月14日:

0)朝ごはん | ブランチ(105):マグロの漬けの茶漬け丼

 2019.1.12.: 漬けにしておいたスペインの養殖マグロの中トロを軽く炙り、小ネギをたくさん載せて茶漬け丼に。「丼」ではなく、スープ皿使用だけど。。



1)「医療逼迫していない」は嘘だった!「病院も軽症者用ホテルも逼迫」と都職員が証言 なのに安倍政権はGoToキャンペーン前倒し強行 2020.7.10. (Lite-ra)

「医療提供体制は逼迫した状況では

ない」はまったくのデタラメ
 

<<「Go To キャンペーン」を

7月22日から開始の異常




[地震に注意!〜今日の新規アップ記事(435):2020年07月14日 ー トップ) 7/14 米国社会の変化:名称変更<<レッドスキンズ & 1) 「医療提供体制は逼迫した状況ではない」はまったくのデタラメ <<「Go To キャンペーン」を7月22日から開始の異常]の続きを読む

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

思考の種(744):(福島原発)「事故前の10倍の量のトリチウムを、30~40年流すということだ」、日本の森のうち、原生林は2% 他
福島第一原発処理済み汚染水を海に

流す方向で進めている政府

「事故前の10倍の量のトリチウムを、

30~40年流すということだ」





日本ののうち、原生林は 2%

あとは人工林

なぜ水害が起きるかにも、直結する。




[思考の種(744):(福島原発)「事故前の10倍の量のトリチウムを、30~40年流すということだ」、日本の森のうち、原生林は2% 他]の続きを読む

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質 2020.7.7. (日刊ゲンダイ)
緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質 2020.7.7. (日刊ゲンダイ)


こんなにも選挙報道に落差があっていい

のだろうか。

 4年前、小池氏は自民党を敵として戦い、それこそ圧勝して都知事となった。ところが、その後、彼女は自民党の大幹部である二階俊博幹事長にすり寄り、自民党が対抗馬を立てないように根回しをして、今回の勝利を手に入れた。その過程では二階氏の顔を立てるために都が備蓄してきた33万着もの防護服を中国に寄付している。都内の病院では防護服が不足し、その結果、医療関係者が感染の危機にさらされた。自分の政治生命を都民の生命よりも優先する彼女の「自分ファースト」は今後も続くことだろう。


 午後8時の時報と同時に「小池百合子再選、圧勝」とテレビは型どおりに報じた。だが、圧勝というには熱の感じられない選挙ではなかったか。都民の大半が無関心、あるいは背を向けていたように思う。

 理由のひとつは選挙報道にあるのだろう。もちろんコロナの影響は大きい。だが、むしろコロナ政治利用されたと感じられてならない。小池都知事は「コロナ対策にまい進する」というポーズを常に取り、テレビ討論会への参加に消極的だったとされる。結果的にテレビ局は、討論会そのものを一度も開かなかった。なぜ、残りの候補者だけで討論会をし、報じなかったのか。

 一方で、現役の都知事である小池氏の会見は毎日のように、テレビで取り上げられていた。不公平であろう。小池氏がテレビ討論を嫌がったのであれば、その真の理由は、他候補からの厳しい質問に答える自信がなかったからではないか。他候補はテレビを通じて自己を主張する貴重な機会を小池氏とテレビ局によって奪われてしまったと言っていい。テレビ界出身の小池氏はメディア操作に長けており、また、テレビ局は常に現役の知事に対して忖度をする。前回は朝から晩まで延々と、ワイドショーで都知事選を報じ続けていた。こんなにも選挙報道に落差があっていいのだろうか。

 今後の4年間、都政のかじ取りは並大抵ではないはずだ。1兆円あった都の貯金にあたる財政調整基金は、小池都政下でほぼ使い果たした




[緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質 2020.7.7. (日刊ゲンダイ)]の続きを読む

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済