FC2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
Rodeo:ロデオ (802):2019年シーズン (21) 〜 ゴールド・カウントリー・ロデオ (Gold Country Rodeo)
2019.4.28.18.:話は8月から4月に戻る。カリフォルニア (California) のゴールド・ラッシュ時代 (Gold Rush Era) に栄えた19世紀の街並みが残る観光地、オーバーン (Auburn, CA) でのロデオ大会 (Rodeo) 。数年前までは、全員が女性の役員によって運営されていたロデオ大会だが、現在は大手のロデオ・コントラクターが運営する大会になり、オーバーン・ロデオからゴールド・カウントリー・ロデオ (Gold Country Rodeo) と呼び名が変更された。

競技に参加するカウボーイ達が彼らのギア (Gear) |用具一式を大きなバックパックやダッフル・バッグに入れて担いで控えの場に集合してくる。手前に見えるのはサドル・ブロンコ・ライディング (Saddle Bronco Riding) 用の角の無いサドル。手綱も各人好みの太さに調整してあり様々だ。

「控えの場」とは言え、それは単なる柵の側の隙間で人々の目を遮る壁があるわけでは無い。カウボーイ達は、人目に晒されながら、ギアの調整をし、着替えをし、準備運動をする。。。

blog (4x6@300) Yoko 32 Gold Country Pro Rodeo, Saddle Bronc Riding Gear_DSC4233-4.28.18.(1).jpg

ブロンコ・ライディングの中でも鞍|サドルを使わないベアバック・ブロンコ (Bareback Bronco Riding) が先に来る:最初のライダーはケヴィン。彼の引き当てた馬は「ミスター・クラーク」だが、残念ながら、8秒間乗りこなす事は出来なかった。

blog (6x4@300) Yoko 32 Gold Country Pro Rodeo, Bareback Riding 1, Kevin Lusk (NS


スポンサーサイト



テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

Rodeo:ロデオ (801):2019年シーズン (20) 〜 ゴールド・カウントリー・ロデオ (Gold Country Rodeo)
2019.4.28.18.:話は8月から4月に戻る。カリフォルニア (California) のゴールド・ラッシュ時代 (Gold Rush Era) に栄えた19世紀の街並みが残る観光地、オーバーン (Auburn, CA) でのロデオ大会 (Rodeo) 。数年前までは、全員が女性の役員によって運営されていたロデオ大会だが、現在は大手のロデオ・コントラクターが運営する大会になり、オーバーン・ロデオからゴールド・カウントリー・ロデオ (Gold Country Rodeo) と呼び名が変更された。

ブル・ファイター (Bull Fighter) に見守られながら羊乗りに興じる小さなライダーたちの乗りっぷりには各人の性格が表れて可愛い。

blog (6x4@300) Yoko 32 Gold Country Pro Rodeo, Opening, Kid's Mutton Bustin 10, #15 2_DSC4170-4.28.18.(1).jpg

最終的にほぼ全員が羊に振り落とされるのだが、その後の始末が色々だ:何事も無かったかのように立ち上がり、親の元へ走り戻る子供。泣き出して親に救出される子供。

この子は座り込んで動かなくなった。同じ年頃の息子を持つブル・ファイターが、子供の様子を見ている。

blog (6x4@300) Yoko 32 Gold Country Pro Rodeo, Opening, Kid's Mutton Bustin 10, #15_DSC4177-4.28.18.(1).jpg

結局、この子は動かなかったので、ブル・ファイターが助けることになった。

blog (6x4@300) Yoko 32 Gold Country Pro Rodeo, Opening, Kid's Mutton Bustin 10, #15_DSC4178-4.28.18.(1).jpg

羊乗り用の小さなシュート (Chute) を撤収。マトン・バステウィン(グ) (Mutton Bustin) も終了。これから、ロデオ大会本番だ。

blog (6x4@300) Yoko 32 Gold Country Pro Rodeo, Kid's Mutton Bustin, End_DSC4208-4.28.18.(1).jpg


テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

Rodeo:ロデオ (800):2019年シーズン (19) 〜 ゴールド・カウントリー・ロデオ (Gold Country Rodeo)
2019.4.28.18.:話は8月から4月に戻る。カリフォルニア (California) のゴールド・ラッシュ時代 (Gold Rush Era) に栄えた19世紀の街並みが残る観光地、オーバーン (Auburn, CA) でのロデオ大会 (Rodeo) 。数年前までは、全員が女性の役員によって運営されていたロデオ大会だが、現在は大手のロデオ・コントラクターが運営する大会になり、オーバーン・ロデオからゴールド・カウントリー・ロデオ (Gold Country Rodeo) と呼び名が変更された。

大会の最高責任者、90歳+のローサー氏がパレードを率いて開会式は無事終了。彼はロープ使いの名手だった。ローパー (Roper) の中には、指の関節を失っている者も時折見かけられる。ローサー氏も例外ではなく、右手の親指の関節が無くなっている。

blog (6x4@300) Yoko 32 Gold Country Pro Rodeo, Opening, Grand Entry, Mr. Cotton Rosser_DSC4113-4.28.18.(1).jpg

開会式の後には、小さなカウボーイやカウガールのための羊乗り、マトン・バステウィング (Mutton Busting) がある。
羊と言えどもその運動能力は高く、飛び跳ねれば、軽く柵を超える。小さなカウボーイやカウガールたちも時にはビックリさせられている。そして小さなライダーを守るために、ブル・ファイター (Bull Fighter) がピッタリとついて走る。

blog (6x4@300) Yoko 32 Gold Country Pro Rodeo, Opening, Kid's Mutton Bustin 9, #13_DSC4161-4.28.18.(1).jpg

子供達の羊乗りの点数は、乗った時間/距離と乗りっぷりで評価される。90歳+のローサー氏も馬上から見守る。

blog (6x4@300) Yoko 32 Gold Country Pro Rodeo, Opening, Kid's Mutton Bustin 9, #13_DSC4164-4.28.18.(1).jpg


テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

Rodeo:ロデオ (799):2019年シーズン (18) 〜 ゴールド・カウントリー・ロデオ (Gold Country Rodeo)
2019.4.28.18.:話は8月から4月に戻る。カリフォルニア (California)ゴールド・ラッシュ時代 (Gold Rush Era) に栄えた19世紀の街並みが残る観光地、オーバーン (Auburn, CA) でのロデオ大会 (Rodeo) 。数年前までは、全員が女性の役員によって運営されていたロデオ大会だが、現在は大手のロデオ・コントラクターが運営する大会になり、オーバーン・ロデオからゴールド・カウントリー・ロデオ (Gold Country Rodeo) と呼び名が変更された。

内容に大きな変化は無いが、運営委員会によってロデオ関連競技の他の余興の出し物が違ってくる。だがアメリカ全土に広がるそれぞれのサーキットを回るエンターテイナーたちが、順を追って来るので、大きな違いは無いとも言える。

そして毎年選出されるロデオの顔、ロデオ・クウィーン (Rodeo Queen) やプリンセス (Princess) も伝統に則り同じように選ばれ、重要なPR戦力となる。

blog (6x4@300) Yoko 32 Gold Country Pro Rodeo, Queens_DSC3933-4.28.18.(1).jpg

大きな樹々に囲まれたこの会場の4月は美しい。高台に停められたキャンパーやトレイラーの向こうには鉄道が走り、時折100輌前後の貨車を引く機関車が行く。

blog (6x4@300) Yoko 32 Gold Country Pro Rodeo, Chute 2_DSC3946-4.28.18.(1).jpg

このブルーの柵はシュート (Chute) と呼ばれるもので、競技に参加するブル (Bull) や馬が入る枠がある。早朝からブルーのお揃いのシャツを着用したカウボーイ達が、ブルを会場に入れ本大会の準備をしたりしている。

blog (6x4@300) Yoko 32 Gold Country Pro Rodeo, Bulls_DSC3971-4.28.18.(1).jpg

午後からの本大会の開会式は、コントラクターのトップを先頭に、スポンサーの旗を掲げるクウィーン、プリンセス、カウガール達が従い、色鮮やかに勇壮な音楽と共に始まる。

blog (6x4@300) Yoko 32 Gold Country Pro Rodeo, Opening, Grand Entry, Mr. Cotton Rosser 2_DSC4110-4.28.18.(1).jpg


テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ

Rodeo:ロデオ (798):2019年シーズン (17) 〜 ワシントン・ロデオ (Washington Rodeo)
2019年のロデオ大会>>今年は、PRCA (ロデオ大会の全国統括組織)の公認写真家の資格を取得したので、州外の大会の撮影許可取得|遠征が楽になった。その有資格者としての州外大会撮影第一号は、ワシントン州のカナダ国境まで80kmほどのところにある人口5,000人弱、1907年創立の小さな町オーマック (Omak, WA) になった。この一帯には先住民が多く住んでおり、ロデオと同時に開催される先住民のパウワウ (Pow Wow) 先住民のお祭り) には、近隣の居住区から大きなキャンピング・カーを牽引してたくさんの先住民が集合する。

オーマックの大会中、最後の日だけ、陽のある内に帰路につけたので、コロンビア川に沿って走る幹線道路の旧道を一部使ったりしながら、素晴らしい景色を上から楽しむ。

コロンビア川に沿って走る97号線をオーマック (Omak, WA) からワナチェー (Wenatchee, WA) へ向かっているのだが、ビーブ (Beebe) 近辺に旧道ALT97が走っている。下の橋はその2線を繋ぐビーブ・ブリッジ (Beebe Bridge) 。

blog (6x4@300) Yoko 123 Omak to Wenatchee, ALT97S Beebe Bridge on the Columbia River_DSC3412-8.11.19.(3).jpg

ビーブ・ブリッジを見下ろすこの地点、崖の上にはすっかり秋色になった野草が立っていた。この一群はヤロー (Yarrow) 、学名:(Achillea millefolium) のようだ。アジア、ヨーロッパ、北米の温帯地帯に広く自生する。背丈は1m前後。すっかり茶色に変色していたが、とても健康そうにスッと上に伸びていた。

blog (4x6@300) Yoko 123 Omak to Wenatchee, Yarrow, ALT97S Beebe Bridge on the Columbia River_DSC3418-8.11.19.(3).jpg

その隣には、まだ白い花びらが少し残っているヤローと、焼けたのか黒く変色したジュニパー (Juniper) の骸骨。何となくオリエンタルな雰囲気を醸し出していた。

blog (6x4@300) Yoko 123 Omak to Wenatchee, ALT97S Beebe Bridge on the Columbia River_DSC3422-8.11.19.(3).jpg


テーマ:ロデオ:Rodeo - ジャンル:スポーツ