fc2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
2020年、パンデミック初年 (86): 10.28.20: 感染者の増加で、株式市場が3.4%も下落。テック企業が多いナスダックは3.7%の下落になった。
2023年11月末日、カリフォルニアのサン・フランシスコ湾岸の南、シリコン・ヴァレー周辺では、マスク姿が目立つ。

LAタイムズ紙による18日の数字だが、コロナウィルスによる入院者数は1,401名(ICU患者は152名);14日間の数字で比較すると17.8%の増加。
7月18日から10月15日の間の死者数は1,360名:1日平均15.1名。14日間の数字で見ると、前回より10%減となっている。

カリフォルニアで過去90日間にコロナウィルス検査で陽性になった人数は、164,487名。
8月31日までに、カリフォルニア州は、ワクチン接種を猛烈に推進していたが、モデルナ、ファイザー、ジョンソン&ジョンソン製の基本的ワク💉シリーズを済ませた割合は72.8%、ブースターまで完済みなのは21.4%となっている。

blog (4x6) 19 Oakdale Rodeo, Bull Riding, 2nd Sec. 11, Travis Jensen (NS, Lodi, CA

10.29.2020:アメリカには法律で制定された『選挙の日』があり、11月の最初の月曜日の次の火曜日、となっている。大統領選挙が約1週間後に迫っていたこの日、最高裁判所が激戦地ペンシルヴァニアとノース・キャロライナの不在投票の締め切りを数日延長する事を承認した。

不在投票は郵便で送られてくるので、このパンデミック騒動が進行中の年には記録的な不在投票が行われると見られていた。だが、数ヶ月前から、前代未聞の郵便公社機構の破壊がトラムプ任命のルイス・デジョイの下、勧められていた。郵便ポストの撤去、配達サーヴィスの縮小、自動仕分け機の解体、破壊(それも新品の!)、仕分けセンターの閉鎖などなど。

デジョイ長官は、議会への証言を拒否20の州政府が、大統領選挙郵便投票を妨害すると言う理由で、長官に対する起訴準備を進めている。こんな馬鹿騒ぎは見た事がない、と言うほどの騒動になっていた。

更に、連邦政府発表によると火曜日にアメリカの新規感染者が73,200+増加し、また水曜日にはNBCの集計では新たに80,662の感染者が出た事から、株式市場が3.4%も下落。テック企業が多いナスダックは3.7%の下落になった。

選挙の日」まで1週間を切ったこの日、不在投票数は記録的7,300万票を超えたバイデン候補は、トラムプのパンデミック対策を非難、トラムプは、バイデンは経済を破壊すると応酬。

トラムプの娘婿、ジャレッド・クッシュナーは、春のコロナウィルス・ロックダウンの後、6ヶ月前のCNNのインタヴューで、大統領は科学者を切り離し、「医者から国を取り戻している」と自慢していた。著名なジャーナリスト、ボブ・ウッドワードとの対談で、「大統領が責任ある采配を振るっている。医者ではない」と語った。また共和党を「部族集団」だと非難した。

騒ぎを起こすのに事欠かないトラムプ大統領だが、今度は、アラスカのトンガス・国立雨林(Tongass National Rainforest) の開発を了承した:材木採取、道路建設などで、20年以上守られてきたレッドシダー、イエローシダー、シトカ・スプルース、ウェスタン・ヘムロックの原生林、930万エーカーが開発対象にされた。

インドのコーヴィッドー19感染者数が800万人を超えた。アメリカに次いで第2位:死者数は120,527人となった。

フランスのニースでは、凄惨なテロ事件が発生。マクロン大統領が、預言者ムハムマドの漫画を出版する権利を擁護した後に起きた事件と同様の事件で、ニースでは、教会で3名が刺殺された。



スポンサーサイト



テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報