FC2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
アメリカ政治 関連ニュース (75):11/12〜12/20/19 ニュースまとめ: 11/19/19 職権乱用と議会妨害で、アメリカ下院はトランプ大統領を弾劾決定

**アメリカ政治雑感:12/20/19 PM- CA時間: 下院で史上3人目となる弾劾訴追されたトランプ大統領だが、20日付のMSNBC局の "The Beat with Ari" では「トランプ裁判悪夢?ホワイト・ハウス補佐官たちには証言する法的義務がある」としてこれまで証言を拒んできた|拒まされてきたホワイト・ハウス関係者に関する特別報道を組んでいる。
 ドナルド・トランプの弾劾は上院が彼のウクライナ策略に関して証言する証人を召喚するかどうかで緊張が高まっている、そしてこの特別報道では、MSNBCの主任法曹記者アリ・メルバーが閣僚たちには証言する憲法上の義務がある事を説明する。最近の弾劾議論で頻繁に見逃されている基本的事実を報告する、この件に関する主要な証人の多くは議会で、ポムペオ国務長官やバー司法長官を含む現役政府官僚たちが、トランプが弾劾される事になったウクライナ・スキャンダルよりもずっと重要性の低い事柄について幾度も証言してきた。 THE BEAT WITH ARI Trump trial nightmare? WH aides have legal duty to testify 12.20.19. (MSNBC)
 19日付のMSNBC局の "Hardball" では、ホストのクリス・マシューズが、弾劾討論の間、トランプの人格|品性を一人の共和党員も弁護士なかった、と報じている。
 クリスは、弾劾討論中、「下院の壇上に立ち、ドナルド・トランプは良い人間だ、正直な男だ、と言う共和党員の声は国のどの地域からも一つも聞く事は無かった」と話した。 HARDBALL Chris Matthews: Not one Republican defended Trump’s character during the impeachment debate 12.19.19. (MSNBC)**




**アメリカ政治雑感:12/19/19 PM- CA時間:

動画(1):弾劾手続き中、プーティンがトランプを擁護している事について、MSNBC局の番組「ハード・ボール」のホスト、クリス・マシューズの見解。

 恒例のモスクワでの長時間に渡る記者会見で質問に答える中、ウラディミール・プーティンはドナルド・トランプの大統領職は「終わり」であるとは思わないと発言した。クリス・マシューズは、「プーティンはトランプの党のメンバーだと思う?それともトランプはプーティンの党のメンバーだと思う?本当に、まったく。これは変だよ」と語った。

HARDBALL: Chris Matthews on Putin defending Trump during impeachment: ‘This is weird’ 12.19.19. (MSNBC)

動画(2):コーリー・ブーカー:「この国には公民の気品の復活が必要だ」

ドナルド・トランプが弾劾という醜い傷で穢される史上3人目の大統領となった今、民主党議員7名はロス・アンゼルスで開催される今夜の討論会でトランプに取って代わるために彼らの主張の準備をしている。トランプのレトリックに関して、コーリー・ブーカー上院議員は「この国には公民の気品の復活が必要だ」と語る。

HARDBALL Cory Booker: ‘We need a revival of civic grace in our country’ 12.19.19. (MSNBC)**






**アメリカ政治雑感:12/19/19 PM- CA時間:

動画:職権乱用と議会妨害で、アメリカ

下院はトランプ大統領を弾劾決定


 アメリカ史上3度目、トランプが政敵に損害を与えるためにウクライナに圧力を掛けた事で宣誓を破ったかどうかに関する終日の論議の後、下院は現職大統領の弾劾を投票し決定した。職権乱用を理由にドナルド・トランプ大統領を弾劾する230−197の評決はほぼ完全に党派に沿ったもので、即トランプが議会を妨害したかどうかの第二の評決になる予定だった。

TRUMP IMPEACHED BY HOUSE IN HISTORIC VOTE 2019.12.18. (MSNBC)

 動画そして、下院与党はトランプに

対する第二の弾劾要項である議会の

妨害も承認


President Trump impeached for obstruction of congress 2019.12.18. (MSNBC)**






**アメリカ政治雑感:11/16/19 PM- CA時間: これまで弾劾尋問|調査への協力を禁止、あるいは圧力を掛けて関係者に協力を否定するよう誘導してきたホワイト・ハウスだが、その圧力に屈せず、協力する者の数が増えている様子だ: MSNBC局の番組 "AM JOY"が「アメリカ大統領府の行政管理予算局 (Office of Management and Budget) 関係者が、ホワイト・ハウスに逆らい、弾劾尋問で証言」の見出しで報じている。
 ドナルド・トランプ大統領のウクライナ大統領との物議を醸しているコミュニケーションを巡って、危機感を煽る証言が生え抜きの外交官マリー・ヨヴァノヴィッチ、ウィリアム・テイラーなどから出ている弾劾尋問の公聴会が今週開始された。テッド・リュー議員、グレゴリー・ミークス議員、そして大統領歴史家ジョン・ミーチャムが、ジョイ・リードと共に論じる。詳細は下の動画へ>> OMB official defies White House to testify for impeachment inquiry 11.16.19. ("AM JOY," MSNBC
 同じMSNBC局の別のニュース番組、「オール・イン」の見出しは、「トランプは周りを犯罪者で固める」だ。法学部教授のニール・カティヤルは、「これはニクソンより酷い」発言。詳細は下の動画へ>> Trump surrounds himself with criminals 11.15.19. ("ALL IN," **






**アメリカ政治雑感:11/15/19 PM- CA時間: トランプ大統領の弾劾尋問で、元在ウクライナのアメリカ大使ヨヴァノヴィッチは、7月の電話でのトランプのコメントは「脅し」のように感じられたと語ったと15日付のnprが報じている。
 マリー・ヨヴァノヴィッチ大使が、彼女をキエフから追い出す圧力キャンペーンについて証言していた時に、トランプ大統領はツウィッターで彼女を非難した。
 トップの写真は、金曜日国会で下院情報委員会の前で証言する前に、彼女の弁護士ラリー・ロビンスと着席する在ウクライナの元アメリカ大使マリー・ヨヴァノヴィッチ。
 在ウクライナの前アメリカ大使は金曜日、トランプ陣営によって先導された中傷キャンペーンの後、呼び戻されたと議会で語った - トランプは、同時中継でTV放映された宣誓証言中にも彼女をツウィッターで非難した。
 マリー・ヨヴァノヴィッチ大使は、今年初め任期前にキエフの任務から解かれた彼女の職歴と状況を話し合う民主党の第二の弾劾公聴会に出席した。
 トランプは、赴任先の懸案諸国の問題に彼女を結びつけた会議中、ヨヴァノヴィッチに関する2件のツウィートを挙げ、大統領が意のままに任命、また解任する権限を再述した。
 情報委員会の議長アダム・シフ (民主党-カリフォルニア州)は、公聴会の間にこれらのツウィートのヨヴァノヴィッチの部分を読み上げるために証言を休止した。シフは、証人が出頭し不正を暴く意欲に与える影響について彼女の考えを尋ねた。
 トランプの意図は何なのかについて言及はできないが「非常に威圧的だ」と、ヨヴァノヴィッチは語った。
 シフの対応:「知って欲しいのですが、大使、ここにいる我々は証人威迫を深刻に受け止めています」。
 シフ議長は公聴会の休憩中に、記者たちに彼の警告を繰り返した。後に、シフはこの威迫をトランプによる「犯罪的」行動パターンに結びつけた。
 医療コストに関するホワイト・ハウスでの他の件で、トランプは記者たちに、彼は「表現の自由」を行使していただけで、脅していたとは思っていないと語った。
 「私にも発言する権利はある」とトランプは発言した。「他の人々と同じに私にも表現の自由がある。だが彼らは共和党員の権利を奪った」と。
 証人の事件の初期段階について
 ヨヴァノヴィッチはウクライナ事件の最も初期の段階の鍵となる証人だ。
 複数の証人が下院調査員たちに、ヨヴァノヴィッチはトランプの弁護士ルーディ・ジュリアーニ、同僚レヴ・パーナスとイゴー・フルーマンによる中傷キャンペーンと言われる事件の後の今年前半にウクライナの首都、キエフでの任務を解かれたと語った。
 彼ら3名は当時のウクライナの検事総長ユーリ・ルトセンコ (Lutsenko) と共に、ヨヴァノヴィッチはトランプに対し不忠実で、彼女が告発して欲しくないウクライナ市民のリストをルトセンコに提出したなどを含めた、ヨヴァノヴィッチが嘘であると言う話を拡散した。
 パーナスとフルーマンはアメリカ選挙資金法を犯した罪で逮捕された;彼らは無罪を主張している。パーナスの弁護士は、議会の弾劾調査員たちに協力する用意があると語ったが、その概要は不明だ。
 検察はジュリアーニは、パーナスとフルーマンと関係のある天然ガス事業から利益を得ようとしていたかどうかを捜査している可能性があると、金曜日にウォール・ストリート・ジャーナル紙が報じた。詳細は下の記事へ>> Ambassador Yovanovitch: Trump Comments In July Call Felt Like A 'Threat' 7.15.19. (npr)**






**アメリカ政治雑感:11/14/19 PM- CA時間: 今日のCNNのトップは、「トランプが韓国駐留米軍のために500%増要求」「ソウルが同盟を疑問視する時にトランプは韓国のアメリカ軍のためにほぼ500%値段を引き上げる」が15日付の記事の見出し。国防省長官マーク・エスパーは木曜日、「怒る」北朝鮮からの新たな脅威と、議会補佐官、議員、韓国専門家がドナルド・トランプ大統領によって引き起こされたと言うソウルとの新たに高まった同盟の緊張を縫うために、韓国に到着した。
 トランプは、朝鮮半島にアメリカ軍の駐留を継続するためのコストを賄うために、2020年に韓国がおおよそ500%以上支払うことを要求している、と議会補佐官や行政官がCNNに確認した。
 駐留経費の引き上げはペンタゴン関係者を苛立たせ、共和党および民主党議員たちの懸念を深めていると、軍関係者と議会補佐官が語る。韓国の指導者たちが彼らの同盟へのアメリカの決意を疑問視し、もし彼らが要求に応じなければトランプはアメリカ軍を引き上げるのか思案しているソウルを怒らせ狼狽させている。
 「ゆすりのように愛してると言うものは他に無い」と、韓国のアメリカに対する不安感をまとめて、朝鮮半島を研究している MIT (マサチューセッツ工科大学)の助教授ヴィピン・ナラングは言う。
アメリカでは、この件に詳しい議会補佐官や韓国専門家は、大統領の$4.7ビリオンの要求は突然出されたと言う、結果、ソウルが朝鮮半島駐留の人的経費や交替する軍隊、装備などの経費を部分的に支払う可能性を含む幾多の新規の追加料金に伴う数字を正当化するために国防省関係者を慌てふためかせている。
 ソウルの不安を深めながら、北朝鮮が武器開発をさらに進めると脅しをかける間に、交渉は進行中だ。木曜日平壌は、アメリカー韓国の共同軍事演習を非難し、これが「怒りに火をつけ」「同様の武力」で対応すると脅している。詳細は下の記事へ>> Trump hikes price tag for US forces in Korea almost 500% as Seoul questions alliance 11.15.19. (CNN)**






**アメリカ政治雑感:11/13/19 PM- CA時間: 日本の話だが、今日11/14の玉川徹の「そもそも総研」は「第2弾 日本は教育も先進国ではないの?」
 5千億円の予算を計上していた「桜を見る会」2020年は突然キャンセル 「桜を見る会」2020年度は中止。菅官房長官が発表「予算や招待人数を含めて全般的な見直し」11.13.19. (ハフポスト)長野、福島など「甚大な自然災害」に直面している地域も重機も持たないヴォランティアたちに手弁当で対応を強いてそれが全て善であるかのように喧伝更に2020東京オリンピックのヴォランティアたちも手弁当何かおかしくないか?


 トランプ大統領の弾劾尋問手続きで、今週から主要な証人の公聴会が始まった:13日付のnprは「弾劾公聴会で、テイラーはトランプがウクライナ調査について尋ねたと語る」。国務省職員がトランプ大統領が電話で2020年の選挙戦の助けになると考えたウクライナによる「調査」について尋ねているのを聞いた、と水曜日、証人が議会で語った。
 トップの写真は、在ウクライナのアメリカの外交官トップ、ウィリアム・テイラー(右)とヨーロッパ/ユーラシア担当国務省次官補ジョージ・ケントが、水曜日、下院情報委員会の前で証言するために宣誓。
 トランプ大統領の電話を聞いた国務省職員は、金曜日非公開で下院の調査員たちに直接口述する予定だ。
 電話会談を耳にしたと言う新たなわき筋の話は、水曜日に開催された弾劾尋問の民主党最初の公聴会で出てきた少数の詳細の一つだ。
 概ね、5時間の公聴会は、既に非公開口述から出てきたウクライナ事件に関する話の局面を強調したものだ。
 共和党議員たちは、公聴会の彼らの割り当て時間を、ウクライナ事件に関する証人たちの間接的知識と呼ぶものを強調するために、言い換えれば、トランプの言動を守るために使った。
 ウクライナの首都キエフ在の外交官団の代行ボスであるウィリアム・テイラーは、下院調査員たちに対して以前に証言した彼が耳にした会話についての詳細を付け加えた。
 テイラーは、外交官職員は、EU大使ゴードン・ソンドランドがトランプに電話をした時に、ソンドランドと一緒にいたと話したと語った。
 職員は、「電話のトランプ大統領が<調査>についてソンドランド大使に尋ねるのを聞くことができた」と話した。
 テイラーは次のように続けた:「ソンドランド大使はトランプ大統領に対して、ウクライナ側は進む準備ができていると伝えた」。そしてソンドランドは「トランプ大統領は、ジュリアーニが推し進めているバイデンの調査についてより気に掛けている」と職員に伝えた。詳細は下の記事へ>> In Impeachment Hearing, Taylor Says Trump Asked About Ukraine Investigations 11.13.19. (npr)
 イタリアのヴェニスが50年ぶりの潮害で冠水と13日付のnprが報じている。トップの写真は、水曜日、聖マルコ広場を高潮の中歩くヴェニスの市長ルイジ・ブルグナロー(発音?)、風光明媚なイタリアの街の予想以上の高潮の結果だ。詳細は下の記事へ>> 'Venice Is On Its Knees': Mayor Blames Worst Tides In 50 Years On Climate Change 11.13.19. (npr)**






**アメリカ政治雑感:11/12/19 PM- CA時間: 以前報じた北極圏の冬の天候が既にアメリカで大きな被害を引き起こしていると12日付のCNNが再度報じている。
 アメリカの約70%の地域では記録破りの気温になると言う。シカゴからテネスィー州の各地は既に季節外れの大雪に見舞われている、更にこの影響を受けている地域へ旅行計画があるのであれば、考え直した方が良い。
 シカゴのオヘア空港発の飛行機の便は、月曜日、1,200以上がキャンセルされた、アメリカン・イーグル社の便は--怪我人は無かったが--、凍結した状態の滑走路から滑り外れた。雪と氷は、大草原地帯 (注:カンザス、ネブラスカ、北と南ダコタ州)、中西部、そして北東部で今日も続き、危険な旅行状況を生み出す。この冷気は、今日、南部にも到達する。もしジョージアやフロリダに住んでいるのであれば、比較的季節に合った天候で始まるこの日は、次第に寒さで歯がカチカチと震える程の気温になるだろう。詳細は下の記事へ>> 70% of the country will experience freezing temperatures this week 11.12.19. (CNN)
 環境保護庁 (EPA) の新規の提案は、新たな清浄な大気と水規制の設定を大幅に困難にする。NYT紙によると、EPAは、政府が公衆衛生規制を形成するために活用できる科学研究を制限し、EPAが研究の結論を考慮するために生データを提出するように科学者に義務付ける計画だと言う。
 この計画は遡求的なもので、新規の提案に沿わないEPAによって既に引証された研究は活用中止になることを意味する。報じられたこの提案の問題となる点の一つは、公衆衛生政策に活用される学術研究は、個人の健康情報のため頻繁に秘密保持合意に依存していることにある。詳細は下の記事へ>> New York Times: EPA plans to limit scientific research used in writing public health 11.12.19. (CNN)
 月曜日の午後、中国では化学薬品を使った攻撃があり、生徒51名と教師3名が負傷したとCNNが報じている。国営ニュースによると、雲南省桐郷市の学校に23歳の容疑者が入り込み、苛性ソーダとして知られる腐食性化学物質を散布したと言う。容疑者(男)は攻撃の約1時間後に拘束された。
 地元警察は、男は社会への報復のために化学薬品を散布したと言う。この事件は、中国国内で起きている一連の気がかりな学校襲撃だ。2018年の10月には、女性が幼稚園をナイフを持って襲撃し、少なくとも14名の幼児を傷つけた。その年の前半、中学校で男が9名の生徒を刺し殺害した。2017年には、11名の幼稚園児がナイフによる攻撃で傷つけられた。詳細は下の記事へ>> Chemical attack at kindergarten in China injures 51 children 11.12.19. (CNN)**




スポンサーサイト



テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://yokoblueplanet.blog.fc2.com/tb.php/18383-b304a544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック