FC2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
新型肺炎の感染者は公式発表の10倍の推計 専門家「すでにパンデミックに近い状態」 2020.2.11. (AERA dot.)
既に水面下で感染が拡大



新型肺炎の感染者は公式発表の10倍の推計 専門家「すでにパンデミックに近い状態」 2020.2.11. (AERA dot.)


ウイルスの広がりは公式発表のレベルを

はるかに上回っている?!

パンデミックは起きていて、それを見つけ

られていない」
という見方

 新型コロナウイルスによる感染の広がりが止まらない。世界保健機関は現状について、世界的な流行を意味するパンデミックではないとするが、パンデミックは起きていて、それを見つけられていない」という見方が強まっている。AERA2020年2月17日号は、専門家に詳しい話を聞いた。

*  *  *
パンデミックではない」

 中国を中心に拡大を続ける新型コロナウイルスによる感染症について、世界保健機関WHO)で感染症対策を担当するシルビー・ブリアン氏は4日のジュネーブでの会見でそう述べ、世界的大流行を意味するパンデミックではないと強調した。

 中国本土での感染者は、7日の国家衛生健康委員会の発表によれば3万1161人。636人が亡くなった。中国以外では、WHOの6日のまとめによると24カ国で216人が感染、1人が亡くなっている。中国での感染は広がり続けているものの、それ以外の各国では感染者を早期に見つけてほかの人との接触を断つことを通じて、ウイルスの広がりを封じ込めることができる──。それがいまのWHOの見解だ。

 しかし、ウイルスの広がりは公式発表のレベルをはるかに上回っているという見方が強まっている。




 香港大などの研究チームは、これまでのデータをもとに数学的な手法で計算をし1月25日の段階で武漢市だけで7万5千人あまりが感染していたとする推計結果を医学誌で報告した。公式発表では、25日段階の感染者数は中国全体で1287人とされていた。

 今回のコロナウイルスと同じ種類のウイルスが起こし、2002~03年に流行して約800人の死者を出した重症急性呼吸器症候群(SARS)では、肺炎などの症状を起こした人を一般集団から隔離することで、ウイルスを封じ込めることができた。ただ、今回は感染してもはっきりした症状を示さず、しかもそうした人が他人に感染させている可能性が浮上している。

 北海道大の西浦博教授(理論疫学)らは、29~31日に武漢市からチャーター便で帰国した565人への検査結果について解析した。

 すると、感染した人のうち症状を示していたのは半数しかおらず、感染しても検査で見つけられるまでに空白期間があることを踏まえると、「把握できている感染者の数は、実際の9.2%」と推計された。

 感染者はおおむね、公式に把握されている人数の10倍にのぼると想定されるという。中国に限っても31万人に達する計算だ。こうしたケースは各国で起きていることも考えられ、西浦さんは「パンデミックが起こる可能性は高い」とみる。

 新型ウイルスによる肺炎を発症した香港の男性が乗っていた、大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の乗客乗員のうち、7日までに61人の感染が判明した。船内は一般的な建物に比べて廊下などが狭く、揺れに備える手すりなどを介して、香港の男性からウイルスが広がっている可能性が指摘されている。

 東北大の押谷仁教授(ウイルス学)は「今回はクルーズ船という、閉じた空間だったから感染の広がりが把握できた」と指摘する。武漢市からの航空便や鉄道が停止された1月23日以前に日本を訪れた人をはじめ、症状が軽かったり無症状だったりした感染者から、すでにウイルスが広がっていたとしてもおかしくないという。

「世界の多くの国で感染拡大が起こるパンデミックに近い状態はすでに起きていて、それを我々が検知できていないだけなのかもしれない」

(朝日新聞編集委員・田村建二)

※AERA 2020年2月17日号より抜粋


写真詳細、記事の続き、詳細は、上の タイトルから元記事へ>>



スポンサーサイト



テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://yokoblueplanet.blog.fc2.com/tb.php/18501-2cc2312d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック