FC2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
新型肺炎で日本政府大誤算 潜伏期間最長24日と毒王の恐怖 2020.2.12. (日刊ゲンダイ)
新型肺炎で日本政府大誤算 潜伏期間最長24日と毒王の恐怖 2020.2.12. (日刊ゲンダイ)


新型コロナウイルスによる肺炎患者

潜伏期間が「最長24日間」

 大誤算だ。中国の専門家チームの調査で、新型コロナウイルスによる肺炎患者潜伏期間が「最長24日間」だったことが分かった。世界保健機関(WHO)に合わせて「12.5日」としてきた日本の対応が根本的に狂ってくる。


  ◇  ◇  ◇

 調査結果は、中国政府専門家チームのトップ、鍾南山氏らよるもの。湖北省武漢市で発生した新型コロナによる肺炎患者1099人の中に、潜伏期間が最長で24日間に及んだ事例があったという。1人が多数に感染させる「スーパースプレッダー」、中国で「毒王」と呼ばれる存在についても、「排除できない」と分析している。

 武漢市からのチャーター便で帰国した763人のうち感染が判明したのは、11日に新たに確認された2人を含む12人。陰性の人たちは現在、千葉県勝浦市のホテルや埼玉県の税務大学校などの施設で“隔離生活”を余儀なくされているが、第1便の人たちは11、WHOに基づく健日に康観察機関の「12.5日」を迎え、検査で陰性が確定すれば順次、帰宅が許されることになっている。




 ところが、潜伏期間が24日となると、話は違ってくる。新たな2人の患者は帰国直後は陰性だったのに、3度目の検査や再検査で陽性が判明した。この先、帰宅後に陽性となったり、症状が出る感染者が現れる可能性がないとは言えない。


 横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号の乗客は船上待機期間が14日間だが、こちらもそれでいいのかどうか。それでなくても、同クルーズ船からは感染者が増え続け、12日朝までに174人に上っている。検疫官1人も感染した。閉鎖空間で集団感染が加速している恐れもあり、政府は慌てて、約3600人の乗員乗客全員のウイルス検査実施を検討し始めるというドタバタだ。


「隔離より帰宅させて頻繁に検査を」

 ウイルスは「新型」だけに、分からないことばかり。飛沫感染接触感染とされてきた感染経路も、新たに空気中にウイルスが微粒子となって浮遊する「エアロゾル感染」の可能性も出てきた。現状、「ない」とされているウイルス変異だって、不安が残る。まだまだ今後、何があってもおかしくない。

 医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏はこう言う。


潜伏期間がある以上、どうしても陽性の感染者を見逃してしまう。2009年の新型インフルエンザでは1人の感染者を見つけるまでに14人の見落としがありました。今回イタリアでは、新型コロナの感染者が出た地中海のクルーズ船の乗客を一時足止めしたものの12時間で解放しています。クルーズ客は高齢者が多く、船内に留め置く方が、ウイルスの蔓延を招く恐れが高いからです。現に、ダイヤモンド・プリンセス号は集団感染状態になっています。日本もクルーズ文化に慣れているイタリアの方式に倣うべきでした。要は、陰性の人は帰宅させ、自宅から出ないようにしてもらい、頻繁に検査をしてもらえばいいのです。通常の旅行客と同一の扱いにすべきで、人権を抑制すべきではありません」

 自覚症状のない「スーパースプレッダー」がいたら、現状の「隔離政策」だけでは対処しきれない。発想の転換が必要か。


写真詳細、記事の続き、詳細は、上の タイトルから元記事へ>>


スポンサーサイト



テーマ:お役立ち情報 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://yokoblueplanet.blog.fc2.com/tb.php/18503-02651b48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック