FC2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
田中龍作ジャーナル: 長妻氏側が山本太郎側に圧力「立憲の選挙区に候補者を立てないでくれ」 2020年2月19日 07:35
山本太郎とネットでおしゃべり会 2020年2月18日


(32:58) Published on 2.28.20. by れいわ新選組:




田中龍作ジャーナル: 長妻氏側が山本太郎側に圧力「立憲の選挙区に候補者を立てないでくれ」 2020年2月19日 07:35


立憲民主党の長妻昭・選対委員長側>>「自分たち

(立憲)の選挙区にれいわの候補者を

擁立しないでくれ」と圧力

写真:全国総支部長会議に臨む長妻選対委員長。=16日、都内 撮影:田中龍作

 立憲民主党の長妻昭・選対委員長側がれいわ新選組の山本太郎代表側に「自分たち(立憲)の選挙区にれいわの候補者を擁立しないでくれ」と圧力をかけていたことが分かった ―

 山本代表が18日夜、自らのYouTube番組「山本太郎とネットでおしゃべり会」で明らかにした。

 それによると昨年秋も深まった頃、長妻選対委員長側から山本代表側にアプローチがあった。内容は「東京の選挙に関してだ」ということだった。

 れいわが野党共闘の条件として掲げる消費税5%の件ではないので、山本は出向かず、双方の代理人同士で会った。

 長妻選対委員長側の話は「自分たち(立憲)の選挙区に(れいわの候補者を)擁立するのは止めてくれ」ということだった。

 田中は早い時期から耳にしていたが伏せていた。山本は「おしゃべり会」初のYouTubeライブで選挙の機微を暴露した。よほど腹に据えかねていたのだろう。




写真:=昨年11月、福島県郡山市 撮影:田中龍作

 山本は野党共闘を進める狙いから候補者擁立を控えていた。だが立憲は減税に応じなかった。

 れいわは立憲の選挙区に候補者を立てることした。これが経緯だ。

 なぜこうも立憲はれいわを恐れるのか。答えは昨夏の参院選にある。立憲は比例票を2017年の衆院選より300万票も減らした。

 山本太郎の選挙演説に耳を傾けている有権者に、「以前はどこに投票していたのか?」と聞くと、大概、民主党(立憲)と答えた。

 立憲が失った300万票の大半はれいわに流れたのである。

 野党第一党の選対委員長にして代表代行が、国政政党になってわずか半年の小政党に「自分たちの選挙区に候補者を立てないでくれ」と圧力をかけた。姑息という他ない。

 長妻氏本人から直接コメントを取るため、田中は氏の携帯に電話を入れたが、留守番電話だった。

   ~終わり~


写真詳細、記事の続き、詳細は、上の タイトルから元記事へ>>


    ◇
れいわ の ついで で いいんです!!

れいわに1,000円 龍作には500円

れいわに10,000円 龍作には500円

れいわ の ついで が 龍作ジャーナルの『れいわ報道』を支えます。

ご支援何とぞ御願い申しあげます。↓


      
マスコミのように官邸におもねる必要はありません。経団連のお先棒を担ぐこともありません。

田中龍作ジャーナル』は読者のために発信するメディアです。皆様のご支援により維持されています。


     ↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751



■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911


■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』


■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。

記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku




スポンサーサイト



テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://yokoblueplanet.blog.fc2.com/tb.php/18513-bf4fda41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック