fc2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
思考の種(1,042):今回の災害は、 本当に本当に異常づくしです。
1.7.2024. 一色登希彦: 24年は、1月1日から、

本当に全て激変してしまった。
ずいぶん前

からうすボンヤリと蔓延り続けてきてた

多くの“薄情“が、本当に形のある暴力へと

姿を変えてしまった節目の瞬間
だったと

記憶するべきなのでは?

24年は、1月1日から、本当に全て激変してしまった ずいぶん前からうすボンヤリと蔓延り続けてきてた多くの“薄情“が、本当に形のある暴力へと姿を変えてしまった節目の瞬間だったと記憶するべきなのでは? 北陸震災 国家行政の薄情さは、多くの人が言うてるけど、もう棄民」「暴力と言っていい

どこから始まったかを辿るとキリないんだけど、直近で通じそうな話をするなら、2001年9.11 のあとの本邦のイラク戦争への加担以後、日本人が中東とかでたくさんの災難加害にあったよね 残虐な殺され方をした人も何人もいた その時の日本社会の薄情な反応が、起源のひとつなんじゃないかと考えてます

小泉が総理だったとき「自己責任」てワードが都合よく国家行政に持ち出されて、「弱い者が難儀するのは、弱い者の責任(自業自得)だ」っていうストーリーが出来上がったのは、この時代でした 思い返すと、この時に、あるべき公助共助が「免除」「免責」されちゃったんです 「棄民」の始まりでした

僕が2011年の3.11が最後のチャンスだったと考えるのはそういう理由で21世紀で本邦唯一、与野党逆転の政権時で、国家を揺るがす災害と人災事故が起きた時だった 全てを変える最後で最大の機会だった(過去形) そこから先は、ご存知のとおりで今に至ります

この12年ほども、 「黙ってお上の言うことに従えや!」 「いや、そのお上の言うことが信じられんのや!」 という対立は、ギリギリ、均衡を保って鍔迫り合い出来ていたように思います でもこの1月1日からの1週間で完全にくつがえされた 薄情さ(からの

暴力)が、とうとう勝ってしまった

ように見える




北陸震災、現状、 救助援助の物資も人員も、何もかもが不足していることは明瞭です けれど、「ボランティア 個人の支援は受けていません」の通達がはびこって、現地を知ろう、現地を助けようというアクションへの妨害ばかりが先鋭化している 「被災地に行くな」が正義の合言葉になり始めてる

「シロートは被災地に行くな」 国家行政が正常で潤沢で迅速ならそれも良いです でも国家行政は“お前らそれわざとやってるのか?”と思える愚鈍さを見せつけるばかりで、そうなったら志のある個人や民間が駆け付けるでしょ その動きを、国家と、自分を国家だと思い込んでるボンヤリたちが責め立てるボンヤリたちは、国家から便宜を図ってもらっている“御用“も実際にいるのは周知のとおりで、それ以外に別に国から便宜を図ってもらってもいないのに“自分は国家の側にいる”と思っちゃってるもっと多くのボンヤリで構成されていて、そいつらの薄情(からの暴力)が、ついに実際に北陸の人々への棄民をおこ北陸の人々への棄民をおこなってしまった

…というのがこの元日から今日までの1週間に起きたことです で、 ボンヤリたちはボンヤリなくせにある種の嗅覚にはものすごく長けてて、それは何かと言うと、溶け続けていく氷山の島の、最後までいちばん安全な真ん中の場所を見つけることがとても上手で、とにかく溶けて行く氷山の島の「真ん中」に陣取っては、
「氷山は溶けていない」 「氷山が溶けているとか言ってる反日ワラ」 みたいなことを言い続けては喝采を浴び続けてる 「いや氷山溶けてるで」て言ってる「弱い周縁の人」から順に、溶けていく氷と共に海に落ちて、声も無いまま消えていってる

今回北陸で被災した人、僕はこの先1000人規模での犠牲者がカウントされると思っているのだけど、その数字が確定する何ヶ月か何年か先には「過去の出来事」になっていて、現在の国家行政の無能無策が追求されることは、たぶん、ないだろうと思う 「薄情がとうとう実際の暴力になった」元年だと思います

まあ、でも、 自分を「国家側の人間」と思っている本当は棄民されている多くの人たちの声が勝ってしまった節目なんじゃないかと思う この次に大揺れするのは、「南海トラフ」「関東」なんじゃないの?と僕は思ってて、 その時にどうなんだよ、と考えるから、こういうことをグダグダ述べているんです

北陸の惨状(国家と、「自分のことを国家だと思い込んじゃっているボンヤリたち」から棄民されていること)をまったく人ごとだと思えないのは、南海トラフと言われている大地震が起きたなら、今度は多くの太平洋岸の同じような地域が同じ目に遭うことが簡単に想像できるからです 紀伊半島は、42号線が42号線が1箇所でも通れなくなったら、紀伊半島の南半分は完全に陸の孤島になる

今の北陸の、最も被害が大きい地域の状況が、被害がひ

ど過ぎて報じられなさ過ぎることで
「存在しない

こと」にされかけているのと同じこ

とが起きる
 

「そういう地域」と原発が常に関係

あるのは、偶然じゃない
んです




2.3.2024. HarukaMinon:「ヘリコプター出来ない団」「能登に入るな団」、そして今は「避難所の被災者のはSNSで発信するな団」が闊歩しています。まるで言論弾圧の様です
今回の災害は、本当に本当に異常づくしです



2.2.2024.suna :自衛隊幹部は「ヘリをもっと投入できたし、パラシュートによる隊員の降下もやろうと思えばできたはずだ」と自戒したと。自衛隊幹部が自戒しても首相がバカなら駄目なんですよ。最高指揮官は首相で、その首相は特定災害対策本部会議にも出ず、不要不急のテレビには出て、憲法改正を語ってたんだから。



スポンサーサイト



テーマ:このままで、いいのか日本 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://yokoblueplanet.blog.fc2.com/tb.php/23477-6815b42a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック