fc2ブログ
Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
スコット・リッター:さて、世界中で聞こえたインタビューが終わった。タッカー・カールソンはロシアのプーチン大統領と対談した。。。
2.9.2024.Alzhacker :スコット・リッターさて、

世界中で聞こえたインタビューが終わっ

た。タッカー・カールソンロシア

プーチン大統領と対談した。しかも2時間

以上にわたってだ。。。

さて、世界中で聞こえたインタビューが終わった。タッカー・カールソンロシアプーチン大統領と対談した。しかも2時間以上にわたってだ。二人は待望のインタビューを行ったが、おそらく誰もが思い描いたような展開にはならなかっただろう。

このインタビューは、タッカー・カールソンのブランドと執念がなければ実現しなかっただろう。率直に言って、彼のプロフェッショナリズムと評判は、彼をクレムリンに引き入れ、ロシア大統領と対談できる立場にした。

我々はまた、ロシア大統領がこの対話に進んで応じようとしたことも評価すべきだ。彼ができることはすべてできたのだろうか?

いや、タッカー・カールソンはインタビュアーだ。彼はロシアの専門家ではない。ロシアの歴史家でもない。ロシアの複雑な生活に精通している人物でもない。

ウラジーミル・プーチンはロシアの大統領だ。彼はロシアの歴史を知っている。彼はロシアの魂を知っている。このインタビューを聞けば このインタビューが非常に力作だったことがわかるだろう、

ロシア大統領がアメリカの聴衆に、ロシアの歴史のニュアンスを、ロシアの魂の複雑さを紹介したのだ。もしあなたがロシアの歴史を理解せず、ロシアの魂を理解しないなら、あなたは基本的に地図のない旅に出ることになる。それがこのインタビューの価値だと思う。

タッカー・カールソンは地図を持っていない。しかし、タッカー・カールソンには旅に出る勇気がある。そして、対話というより独白に近いロシア大統領との会話で、ロシア大統領は地図を作る手助けをした。この地図は、タッカー・カールソンだけでなく、すべてのアメリカ人視聴者を、ロシアを動かしている複雑な要素を通して導いてくれた。




そして、今日のロシアと西側諸国が直面している問題を理解するためには、このことを理解しなければならない。はっきりさせておくが、ロシアプーチン大統領は画期的な情報を提供したわけではない。彼が言ったことはほとんどすべて、何らかの形ですでに以前から言われてきたことだ。

しかし、彼がしたことは、アメリカの聴衆が近づきやすい文脈でこれらの情報を提供したことだ。これがこのインタビューの価値だ。

これは本当に内容の問題ではない。興味深い情報も出てきたが。これはそのプロセスについてだ。タッカー・カールソンは現代ロシアへの扉を開き、ウラジーミル・プーチンの人格への扉を開き、ロシアの歴史への扉を開き、ロシアの魂への扉を開いた。

そして、ウラジーミル・プーチンが質問に答えてくれたり、時にはプーチンが促されることなく発言してくれたりすることで、ロシアについて学ぶために時間と努力を惜しまない個人、アメリカ市民にとって必要な積み木ができあがった。

そして、それを望む誰かが、私たちが前進し始めるための強固な基盤を構築することができるだろう。そして、これこそがこのインタビューの価値を高めている。何かを解決するためではない。何も解決しない。しかし、それがプロセスの始まりだからだ。タッカー・カールソンの天才的なところは、インタビューの技術にあるのではない。

インタビューの後に何をするかだ。彼は今、アメリカの聴衆にインタビューについて戻って話すことができるプロセスを作り上げた。これこそが彼の天才であり、アメリカ人と接する能力なのだ。

そして彼は今、弾薬を手にしている。歴史に残るような環境の中で、ロシア大統領が彼に語った言葉は、まさに活力を与えてくれる。このインタビューを何百万人が見たのか、あるいは最終的に何百万人が見ることになるのかはわからない。

わかっているのは、これが現代における最も重要なインタビューのひとつだということだ。なぜならこのインタビューには、西側とロシアが戦争に突入するのを阻止し、西側の自殺を止める力があるからだ。

今日、西側でロシアが直面しているすべての問題に対する答えが、ロシア大統領によって示される。隠された意図はない。知らなければならない秘密の暗号もない。ただロシアを知らなければならない。

ロシアの特徴を理解しなければならない。ロシア大統領の決断の背後にある考え方、ロシアの背後にある動機を理解しなければならない。ロシアを理解しなければならない。タッカー・カールソンはロシアを理解してインタビューに臨んだとは思えない。

そして、このインタビューからロシアを理解しているかどうかもわからない。しかし、これだけはわかる。タッカー・カールソンはとんでもないジャーナリストだ。そして、タッカー・カールソンは、道具箱と道具一式を与えられたことを知っている。

今日は始まりに過ぎない。やるべきことはたくさんある。しかし、最も困難な旅でさえ、最初の一歩から始まる。そして、タッカー・カールソンが今日、ロシアのプーチン大統領とのインタビューをアメリカ国民、西側諸国、そして世界に向けて行ったことは、人類を救うことができる旅への最も重要な第一歩なのだ。





スポンサーサイト



テーマ:国際政治 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://yokoblueplanet.blog.fc2.com/tb.php/23483-41757b3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック